日本ピラティス界の第一人者・目黒若菜

ここ数年、ピラティスが日本においても大きな盛り上がりを見せています。 きつい運動がなく、体にかかる負担も少なく、気軽に取り組めるエクササイズでありながら、スリムになれて、スタイルも向上し、根本から美しく健康になれるため、非常に人気となっています。

日本においてブームとなったのは2005年ごろですが、実は、それ以前からピラティスを実践し、活躍してきた人がいるのです。 その代表的な人物が目黒若菜さんです。

目黒若菜さんはもともと、短大卒業後、銀行に勤務していたそうですが、1998年に単身、アメリカのニューヨークにダンス留学しました。 しかし、その最中にヘルニアと坐骨神経痛を患ってしまったのですが、逆にそれがきっかけとなり、治療・リハビリの一環として、目黒若菜さんはピラティスと出会うこととなりました。

その頃から目黒若菜さんは、ピラティスをはじめとした人間の体にまつわる様々なテーマについてより深く勉強していき、アメリカにおいてピラティスの資格を取得しました。 その後、2002年に日本に帰国し、ワークショップに参加したり、多くの場所・クラスでピラティスの指導を行い、2007年に自身のスタジオを持つに至りました。 そして現在では、数々のメディアに注目されるほどの存在となっています。

目黒若菜さんは、単にピラティスの資格を持っている先生、ということではなく、ピラティス以外でも幾つものインストラクターとしての資格を持ち、人間の体・人間の心身について様々な分野から学び、取り組まれている方だという点が素晴らしいと感じられます。

そんな目黒若菜さんが、わざわざ教室やスタジオに通わなくても、自宅で気軽にピラティスをはじめられるDVD教材を用意してくれました。 ピラティスに興味のある人、美容・健康面で改善したい人、手軽に運動不足を解消したい人などは、是非、目黒若菜さんの丁寧な指導を、自宅で受けてみてください。

ピラティスについて、より詳しく知りたい方はこちら