ピラティスとは

ピラティスとは、正しい姿勢や呼吸法にもとづいて、コアマッスル(インナーマッスル、体幹)を鍛えるエクササイズです。

ピラティスは、もともと1920年代に、ドイツ人従軍看護師ジョセフ・H・ピラティスが、エアロビクスをもとにヨガや太極拳のエッセンスを取り入れ、第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリテーションのために開発したのがはじまりだと言われています。 そこから様々な用途に使われるようになり、一流のモデルやダンサーがエクササイズとして取り入れ、その後、ハリウッドスターやスポーツ選手も実践するようになり、世界中に広まっていったようです。

もともとリハビリのために開発されたプログラムなので、ベッド上などでも実践可能であり、体に余計な負担をかけず、コアマッスルのトレーニング・調整ができることが特長となっています。

ヨガとピラティスがよく比べられますが、ピラティスはヨガほどの歴史はありませんが、ヨガをはじめとした、いくつかのエクササイズのエッセンスが取り入れられたプログラムとなっているので、むしろ良いとこ取りの理想的なエクササイズと言えるかもしれません。

実際、ハリウッドセレブやスポーツ選手をはじめ、世界中で老若男女を問わず実践されている、広く根強い、効果バツグンのエクササイズなのです。

ちなみに、日本では2005年ごろからピラティスが流行りはじめましたが、そうした各界の有名人たちが実践していることが広く知られるようになったことと、ちょうどその頃からピラティスのジムやスタジオが増えてきた影響が大きかったようです。

また、ピラティスにはいくつかの流派があるようですが、一般的には、ピラティス先進国であるアメリカで行われている方法が主流となっています。

ピラティスについて、より詳しく知りたい方はこちら