高血圧にまつわるトラブルや病気

高血圧は、生活習慣病の中でも代表的なものであり、その名前もよく耳にします。 しかし、高血圧の何が問題で、どうすれば改善できるのかといった詳細な情報は、あまり知られていません。 実際のところ、高血圧は自覚症状がほとんどなく、原因も様々です。 高血圧だというだけで、特定の病気を診断することができませんし、本人も自覚がないため、そのまま放置されてしまうことが多いのです。

そのため、「高血圧 → 動脈硬化 → 心臓病・脳卒中 → 死亡」というふうに、気付かぬうちに症状がどんどん悪化していってしまうケースも少なくありません。 そうならないためには、定期的に血圧測定をすること、異変を感じたり、医師から指摘を受けた場合などには、速やかに精密検査を受けること、そして何より日頃から健康的な生活習慣を送るよう心がけることが大事だと言えます。

高血圧の問題点は、強く圧迫されるため血管に負荷がかかりすぎ、傷んでしまうこと、そして、血液を全身に送り出すために大きなエネルギーが必要となるので、心臓への負担がかかりすぎてしまうことです。

高血圧が続くと、「心臓肥大」と言って、血液を全身に送り出すため、心臓がより強くなろうと大きくなってしまったり、血管も圧力に負けないため、より壁を厚くしようとし、さらには、血中の成分やコレステロールが血管の内側に入り込むことで、「動脈硬化」を引き起こしてしまったりするのです。

また、それ以外にも、血流が悪くなったり、血液が固まってしまうことで、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、脳卒中といった命にかかわる病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

そうした最悪の事態にならないためにも、早期発見・早期対策・早期治療が肝心ですが、仮にある程度症状が進行してしまった場合でも、決してあきらめる必要はないようです。 今では、高血圧の改善法・治療法がかなりしっかりと確立されつつありますので、信頼できる医師・専門家のアドバイスを受ければ、自宅療法によってしっかり改善することも可能なようです。

高血圧の改善法について、より詳しく知りたい方はこちら