高血圧とは、高血圧の仕組み

血圧とは、血管にかかる圧力のことを指します。 その圧力が高く、心臓や血管などに負担がかかってしまっている状態が「高血圧」です。 そして、血圧は「心臓から送り出される血液の量(心拍出量)」と「血管の通りづらさ(末梢血管の抵抗)」の2つの要因によって決まります。

心臓が動いて血液を全身に送り出すとき、血液は血管の中を勢いよく流れていきますが、そのとき当然、血管には圧力・負荷がかかります。 血液が心臓に送り出されて血管の中を流れるとき、圧力がかかっていることがよく分かるのが「脈拍」です。 手首のあたりを押さえると、およそ1秒に1回(1分間に60〜70回)程度、脈を打っているのが確認できます。

これはホースの中を通る水をイメージしてもらえば分かりやすいでしょう。 水を勢いよく飛ばすために、ホースの先端をつぶすことがありますが、すると、ホース内の圧力が高くなりますし、水を送り出すために、より大きなエネルギーが必要となります。 そうした状態が体内で起こっているのが、高血圧ということです。

体内ではいつも体を正常な状態に保つため、バランスをとろうとする働きをしています。 腎臓で血液を濾過したり、血液中のミネラル成分・水分量の調節をしたり、といった働きがそれです。 しかし、塩分をとりすぎたり、コレステロールにより血液が脂っこくなってしまったりすると、それらのバランスが狂ってしまい、血液も流れにくくなり、血管や心臓に大きな負担がかかってしまうのです。

高血圧は、こうして結果的に体中のバランスや機能を壊していってしまうのです。 高血圧は自覚症状がほとんどなく、原因も特定しづらいですし、本人もよほどのことがない限り見過ごしてしまうことが多いので、気付いたときには体全体が大変なことになってしまっているケースも少なくありません。 やはり日頃からの注意や検診、正しい治療法を早く行うことが肝心と言えそうです。

高血圧の改善法について、より詳しく知りたい方はこちら